ヒゲの毛抜き処理はとても危険?発生するトラブルとケア方法について

ヒゲの手入れに、毛抜きを使っている人もいるでしょう。

 

カミソリや電気シェーバーでの処理では、すぐにヒゲが伸びてきます。

 

いくら「深ぞりが利く」というものを使っていても、毛根部分が残っていることには変わりありませんから。

 

毛抜きであれば、毛根ごとなくなります。再生には時間がかかります。その分、手入れの回数も減らすことができます。

 

また、青ヒゲ対策にも毛抜きのほうが有効です。

 

「青ヒゲ」は皮膚の下に残っている毛根部分が、皮膚から透けて見えている状態です。毛根がなくなれば、これが見えることもありません。

 

毛抜きのトラブルって?

ですが、重大なトラブルを引き起こす可能性も高いです。決しておすすめできるような方法ではありません。

 

考えられるトラブルは単に「皮膚が荒れる」というだけではありません。「埋没毛」「毛のう炎(毛包炎)」といった、医者に掛かる必要もあるようなものまで含まれます。

 

埋没毛
毛根ごと引き抜いた跡は、いくら小さいとはいえ傷になっています。

 

これを回復させるために、かさぶたができます。これが再生したヒゲの出口をふさいでしまいます。

 

こうなってもヒゲは成長をやめず、毛穴の中で塊になったり、周辺の皮膚にめり込む形で伸びていきます。

 

化のうし、皮膚の深いところにまでダメージを与える場合まであります。

 

埋没毛は、皮膚の表面に穴を開けなければ、引っ張りだせません。それを自分でやると、さらに傷をつけ、再び埋没毛を作ることになってしまいます。

 

毛嚢炎
また、埋没毛ができなくても、毛根のあった場所の周辺が化のうすることもあります。これが「毛のう炎」です。

 

ヒゲを引き抜いたことにより、皮膚のバリア機能や免疫能力が落ちています。そのため、普段ならば跳ね返すことができたような雑菌も簡単に繁殖してしまうのです。
もしかしてニキビじゃない?髭脱毛後のトラブル「毛のう炎」とは
こういったトラブルは、若い時ならば、比較的短期間で治って、跡もほとんど残さないでしょう。

 

ですが、年齢を重ねるとそうはいきません。

 

シミになったり、くぼみを残したりといったことになります。

 

これでは多少ヒゲがなくても、かなりみっともない顔の様子になってしまいます。

 

とにもかくにも、もし、埋没毛や毛のう炎に気がついたら、軽視せずにまずは皮膚科に行くことです。

 

なによりも、毛抜きでの処理などやめてしまいましょう。

 

カミソリ負けする場合も

ただし、皮膚やヒゲの質によっては、カミソリや電気シェーバーでの手入れでも、同様のトラブルになる人もいます。

 

毛抜きよりもマシとはいえ、やはり皮膚にダメージを与えているのです。

 

こういった場合は、残る方法としてはあとは半永久・永久に効果の持続する脱毛ぐらいしかありません。