メンズ脱毛後の知っておきたいお肌ケアとは

脱毛サロンでは、できるだけ肌にダメージを与えないように工夫してくれます。
しかしどうしても脱毛したあとの肌はダメージを負っており、敏感になっています。
それでやった方が良いことと、やってはいけない事とがあります。

 

まず大切なのは保湿です。
脱毛サロンから特別なクリームなどを渡されたなら、それをきちんと施術部分に使用しましょう。
もしなければ、ボディクリームなどを使って保湿しましょう。
できるだけ低刺激の、清涼成分などの入っていない物を使うのが良いでしょう。
また、脱毛を行った後の肌には紫外線が良くありません。
処理した所には日焼け止めをしっかり塗って保護してあげることが大切です。
また、レーザー脱毛や光脱毛は毛の黒い色に反応するため、肌が焼けて黒くなると脱毛できなくなる場合がありますので、そういう意味でも日焼け止めは大切です。
もし脱毛後に肌がほてっているなら、冷水や冷えたタオルなどでお肌を冷やしましょう。

 

脱毛後にやってはいけないこともあります。
消臭スプレーや香水などの刺激の強い物を施術箇所につけないようにしましょう。
お肌の負担になりますし、粒子が脱毛の妨げになることも考えられます。
さらに温めないようにすることも大切です。
熱いお風呂やサウナはもちろんのこと、こたつや暖房などで温めると炎症を起こす場合もあります。
激しい運動で体温が上がることもよくありません。
また塗るタイプの抗生物質なども避けるようにしましょう。
肌を敏感にしてしまい脱毛ができなくなることがあります。
また、毛の処理をしたいと思うかもしれませんが、やはり強い刺激になってしまうのでできるだけしないようにしましょう。
特にピンセットで抜いたり脱毛クリームで毛自体をなくしてしまうと施術が受けられなくなります。
剃る場合も優しく剃るようにして、剃った後はクリームを塗ってきちんと保湿しましょう。
このように脱毛した肌は敏感なのでよくいたわってあげる必要があります。
脱毛サロンの担当者に、何をしてよいか何をしてはいけないかきちんと尋ねて知っておくようにしましょう。