もしかしてニキビじゃない?髭脱毛後のトラブル「毛のう炎」とは

大阪 メンズ 脱毛ニキビ

ひげを脱毛するために、クリニック系のレーザー脱毛を受けた後は小さく白いニキビのような出来物が発生することがあります。
ひげ剃り処理をした後に出てくるニキビに似ているものもありますが、これが重症化すると「毛のう炎」と呼ばれる危険な状態にまで進行する恐れもあるのです。

 

そもそも毛のう炎とは、傷ついた皮膚の毛穴から雑菌が入ることで発生するものです。
軽度であればニキビのように気になりますが、痒みも痛みもなく見た目が気になる以上のことはありません。

 

しかし重症化すると発熱や痛みが発生するため、精神的なストレスともなり、最悪の場合は化膿してしまうので、病院で診察を受けて化膿止めの処方を受けなければなりません。

 

このような毛のう炎はカミソリや電気シェーバーで、衛生面に注意していなければ発生しますが、特に毛抜き処理した場合は大きな毛のう炎リスクがあります。

 

実は医療用のレーザーを使用した脱毛を受けた場合も、この毛のう炎が発生する場合があり、多くの場合は施術直後から、毛のう炎前段階のニキビのようなものが発生し、数日間残ります。
白い膿を出すこともありますが、とにかく雑菌がそれ以上付着しないよう、手で触れないことが重要です。

 

クリニック系の脱毛サロンは医療機関なので、このような皮膚トラブルへ対処できる軟膏やクリームなどのお薬を処方してもらうことも可能です。
お店によってはしっかり処方してくれるケースもありますが、心配であれば前もって確認しておきましょう。

 

レーザー脱毛を受けてから数日後にニキビのような物がぷつぷつと出始めた場合は、家庭で使用している寝具に問題がある可能性もあります。
布団カバーやタオルケット、枕カバーなどに雑菌が繁殖していると、それらが肌へと移ってしまい、毛のう炎の原因となってしまいます。
洗顔を行う場合も注意が必要で、雑菌が増えている手のまま洗顔するとやはり菌が移る原因となります。
毛のう炎は体内の抵抗力が落ちることでも発生するため、規則正しい食生活を心がけることも予防に重要です。

 

 

⇒レーザー脱毛以外もある大阪のメンズ脱毛はこちら