脱毛の基礎知識記事一覧

脱毛はどれくらいでできるか、期間はやはり気になります。個人差が大きいところなのでとりあえずの目安にしかなりませんが、永久脱毛をしたいという人が多いので、この期間は非常に質問も多いところです。脱毛する箇所でも期間は大きく異なります。また、ヘアサイクルの長さも大きく関係してきます。若い時と比べて、年齢を重ねるとこの発毛の周期も長くなる傾向にあります。また、20代後半になると休止期もだんだんと長くなって...

ほかの部位の脱毛も同じですが、料金の高い・安いはまずは、脱毛方法ごとに違います。脱毛方法は「なにが目的で脱毛するのか」で、半ば自動的に決まってくるでしょう。また、その脱毛法の中で、高いところと安いところがあります。また、料金システムも様々です。特に最近はその料金システムの種類が増えました。以前からあるのは、コース料金です。「鼻下5回、8万円」といった形です。が、今は、ニードル脱毛ならば、「1本あた...

ヒゲ脱毛だから、メンズエステだからといって、固有の問題はそうは多くないでしょう。たいていは、エステサロン全般に共通する問題です。たとえば、担当者に関するもの。ヒゲ脱毛で特に多く採用されているニードル脱毛では担当者の技能が問われます。うまくない人がやると、痛みが強いばかりではなく、時間がかかったり、お肌が荒れるなどのトラブルが出ます。が、なかなか腕のいいスタッフの確保が難しいようです。離職率も高いよ...

男性だからといって、なにもムダ毛の処理はヒゲだけではないでしょう。体毛だって、「脱毛したいなあ」と考えることはあるでしょう。女性ならば、両ワキ、両ヒザ(すね毛)、Vライン(股間の前の部分)が脱毛したい部位のベスト3です。男性だと少し違うでしょう。また、個人ごとの差も大きいでしょう。「胸毛が濃い」場合。少しぐらいならばいいのでしょうけど、あまりに濃いと、周囲も気持ち悪がることがあるでしょう。ほかには...

低料金やお肌にやさしい脱毛方法で若い女性の指示が多いのが、「脱毛ラボ」です。その脱毛ラボが男性専門店を展開しています。「脱毛ラボメンズ」といいます。今あるのは、札幌、東京、栃木、名古屋、京都、大阪、福岡など10店ほどです。脱毛方法は一般店を同じ、「SSC脱毛」です。これは光脱毛の一種です。クリプトンランプで発生させた光をフィルターを通すことで、必要な波長のものだけを使い、お肌に照射します。この光の...

ヒゲ脱毛のメリットは、意外にたくさんあります。まず、だれでも思いつくのが、「時間の節約になる」ということでしょう。特にヒゲの濃い人などは、お手入れを朝、起きてからやっているでしょう。昨夜のうちにやっては、また、伸びきてしまいますからね。ほんの少しでも余裕の欲しい時間帯のはずです。ヒゲのお手入れさえなければ、あと少しふとんの中にいることができたかもしれません。また、寝坊をした時も、慌ててやらなければ...

ひげを脱毛するために、クリニック系のレーザー脱毛を受けた後は小さく白いニキビのような出来物が発生することがあります。ひげ剃り処理をした後に出てくるニキビに似ているものもありますが、これが重症化すると「毛のう炎」と呼ばれる危険な状態にまで進行する恐れもあるのです。そもそも毛のう炎とは、傷ついた皮膚の毛穴から雑菌が入ることで発生するものです。軽度であればニキビのように気になりますが、痒みも痛みもなく見...

脱毛サロンでは、できるだけ肌にダメージを与えないように工夫してくれます。しかしどうしても脱毛したあとの肌はダメージを負っており、敏感になっています。それでやった方が良いことと、やってはいけない事とがあります。まず大切なのは保湿です。脱毛サロンから特別なクリームなどを渡されたなら、それをきちんと施術部分に使用しましょう。もしなければ、ボディクリームなどを使って保湿しましょう。できるだけ低刺激の、清涼...

一昔前までは、脱毛と言えば女性のための物でした。しかし、男性の美容やスキンケアに対する関心が高まるにつれて、男性専用の脱毛サロンが登場してきました。でも脱毛していることで女々しいとか、キモいと思われるのではないかと心配する方もいらっしゃいます。実際の所、女性から見て男性の脱毛はどう思われているのでしょうか?むだ毛やヒゲを、女性は意外とよく見ています。なんと女性の9割近くが、男のむだ毛やヒゲのお手入...

女性の脱毛に比べて、注文の多いのが男性の脱毛です。特にヒゲともなると、一層そうです。女性の場合であれば、「ワキのムダ毛をなくしたい」「スネのムダ毛をスッキリと」といったように問題になる部位の分を全部なくすのが一般的です。ですが、男性のヒゲの場合はこうです。・濃すぎて困る。不潔に見られる。だけど、全く生えないのは嫌だ・毎日ヒゲそりを繰り返しているのに、そった跡がコケでも生えたように青くなる。ヒゲがな...

クリニック系の脱毛サロンでは、脱毛を進めるための機材に医療用のレーザー装置を使用されているケースがあります。このような店舗は医療機関なのですが、髭の脱毛に健康保険を適用して、安く脱毛することは可能なのでしょうか?健康保険制度は、誰でも同じレベルの医療を受けることを実現するための制度であり、健康な人や国がお金を積み立てることで治療を必要としている人たちの医療負担を軽くしています。しかしどんな医療技術...

ヒゲの手入れに、毛抜きを使っている人もいるでしょう。カミソリや電気シェーバーでの処理では、すぐにヒゲが伸びてきます。いくら「深ぞりが利く」というものを使っていても、毛根部分が残っていることには変わりありませんから。毛抜きであれば、毛根ごとなくなります。再生には時間がかかります。その分、手入れの回数も減らすことができます。また、青ヒゲ対策にも毛抜きのほうが有効です。「青ヒゲ」は皮膚の下に残っている毛...

男性の場合、女性ほど肌に対する意識が高いわけではないので、自分で自己処理をする人も多いです。ワックスでの脱毛は、むだ毛を溶かして処理するので、広い範囲をサクッと短時間で処理できる、痛みもないという点で人気も高いです。ただ、完全な脱毛ではないので、何度も自分で処理する必要はあります。背中やももの裏など、自分の目が届かないところは難しく、ムラになってしまう、きれいに処理できない、肌が弱いと炎症を起こす...